人の命は永遠ではありません

人の命は限定されていますので、儚いことです。人の命の平均寿命は100歳までと言われていますが、実際100歳まで生きた人はどれぐらいなのでしょうか。命はとてももろいものです。病気だったり、事故だったり、他人から受けた被害など、ちょっとしたことで失ってしまいます。だからこそ命と言うものは、とても尊いものだと思います。自分の命がいつ失ってしまうかなんて、本当に分かりません。悔いが残ることがないよう、キチンと生前整理や老前整理をしておくことが大事なのです。今回は、老前整理について少しご説明させていただきます。老前整理とは、歳を取った人が、まだ身体が動くうちに大事な物を整理したり、不要な物を処分したりする作業のことです。身体と言うのは、歳を取っていくと、どんどん弱まっていってしまいます。身体が弱まっていくと、身体を自由に動かすことが難しくなってしまいますし、病気などで身体が悪化してしまうと、寝たきりになり、ろくに老前整理を行うことができなくなってしまいます。ご家族の方や他人に老前整理をお任せするのも一つの手でしょうが、できれば老前整理は自分で行いたいものですよね。中には自分以外には見られたくない物があるでしょうし、元気なうちに老前整理は終了しておきましょう!

60歳から

老前整理にあたって、こんな言葉があります。「60歳からどんどん捨てなさい」 60歳で定年を迎えると、今後、人生をどのように過ごしていくかが重要になってきています。身体のあちこちは衰えてきますし、物がたくさんあると、それら全てを老前整理とするのはなかなか骨が折れる作業です。なので、老前整理で少しでも要らないと感じたら、すぐに捨てることが大切なのです。そうすれば、身の回りがスッキリするだけでなく、心もスッキリしますので、老前整理と言うのは、とても大切な作業なのです。もちろん、老前整理の中で「これは大切な物だ」と思われましたら、大事に保管しておきましょう。老前整理はご自分の人生を振り返る作業とも言われていますので、身体が自由のうちに、老前整理をすることをオススメいたします。

自分のためにやるのです

老前整理を自分でやるのは億劫だから、別の人に老前整理をお願いすることはあると思います。でも、老前整理は自分のために行う作業です。もし、老前整理の全てを別の人に任せっきりにしてしまうと、大切な物まで勝手に捨てられてしまい、余計なトラブルを引き起こしてしまうこともありますので。老前整理を手伝ってほしい場合は、本当に信頼できる人と一緒に老前整理をした方がいいですね。